外装塗装ブログ

外装塗装ブログ

外装塗装ブログ

お問い合わせはこちら

屋根塗装 カッターによる縁切りとタスペーサー差込とではどちらが良いのですか?

サイディング外壁とスレート屋根の塗装工事の見積書をお出ししたお客様からのご質問でした。
「タスペーサーはスレート板が反ることがあるので、カッターによる縁切りのほうが良いですよ。
と他の塗装会社さんは言うのですが、どちらが良いのでしょうか?」

エイチペイントはタスペーサーを標準仕様にしています

縁切りを推す塗装業者や職人さんは、
「タスペーサーは、後々スレート板が反ったり割れたり、
 さらに強風時、タスペーサーが飛散してしまう危険もあります。
 そんな心配の無い縁切りが良いですよ。」

一方、タスペーサーを推す人たちは、
「タスペーサーの方が安く早く確実に隙間を作ることが出来ます。
 塗装後に屋根に乗ることで、屋根を汚したり傷付けたりすることがありません。
 縁切りが確実に行われなかったときは、塗料が再接着し隙間を埋めることもあります。」

双方とも、それぞれに理があります。

縁切りやタスペーサーの目的は...


最大の目的は、
上下に重なっている屋根材同士の隙間を、塗料で塞がないためです。
どちらを採用しても、その重要な役目は果たしていることになります。

タスペーサーは下塗り前に挿入します
皮スキでスレートに隙間を作りタスペーサーを差し込みます

隙間はなぜ必要なのですか?

スレート屋根は、
上の板と下の板の重なる部分に、もともと僅かな隙間があります。

そして、どこからか侵入した雨水は、この隙間から流れ出ていきます。

しかし、この隙間を塗料が埋めてしまうと、雨水は外に出ることが出来ず、
屋根材を留めている釘穴などを通じて雨漏りします。

スレート屋根で屋根塗装後に雨漏りが起こるメカニズム


どちらを選んだほうが良いかは、決め手がありません

先にも述べた通り、どちらが良いかは意見の分かれるところです。

一時期、屋根材メーカーの中で、タスペーサーの使用を推奨しない旨を、
施工要領書のメンテナス注意書きに記載していた会社がありましたが、
最近はそのような注意書きを見かけなくなりました。

科学的根拠に欠ける注意書きであったから削除したのだと、個人的には考えています。

タスペーサーを差し込むことで割れてしまうような屋根材は、
その強度にそもそも問題はないのか、
と疑問を持っていた私は、削除は当然のことと受け止めています。

屋根塗装時、隙間を作るのはスレート屋根だけですか?

スレートと似た屋根材のアスファルトシングルも塗膜で隙間を塞ぐと、
雨漏りする可能性があります。

金属屋根(横葺き)は、
製品自体が軽いこと、製品形状を工夫したことで、
製品板裏面と透湿防水紙との間に隙間が保たれ、
軒先まで雨水が流れ落ちる構造になっているのが一般的です。

エイチペイントの職人は、
ずっと縁切り作業を行ってきたベテラン揃いです。
お客様が縁切りをお好みであれば、
お見積金額そのままで変更できますので、
ご遠慮なくお申し出ください。

高品質にこだわるエイチペイントの職人気質

エイチペイントの職人たちは、
自らの現場に責任を持ち、誇りを持って取り組んでいます。
細かな仕事振りを逐一語ることはありませんが、
毎日報告されてくる施工写真を通して、品質にこだわる姿を垣間見ることが出来ます。

タスマジックによるスレート屋根のひび割れ補修
タスマジックは浸透性のひび割れ補修剤です


写真に写っているような小さなひび割れは、
現地調査時に発見できるものではありません。

お客様にお出しする見積書には、
大きなひび割れや欠けなどの補修費用は書いてありますが、
このように発見できない小さなものは当然書いてありません。


しかし、エイチペイントの職人たちはひび割れを見つけると、
浸透性の補修剤を使って補修してからでないと、下塗り作業は行いません。
もちろん職人たちのサービス作業になります。

他社の職人さんの場合、
補修などせず、下塗り作業を行うところが多いのではと思います。

現場を仕切る職長たちには、エイチペイントのこの良き文化を、
若手・後輩職人たちに引継ぎ、指導していって欲しいと望んでいます。


さいたま市、春日部市、越谷市の外壁塗装、屋根塗装、リフォーム工事のことならエイチペイントにお任せください。
エイチペイントは一級建築士事務所が運営・監修し、一級塗装技能士が在籍している高品質と信頼の塗装・リフォームをお約束する工事専門店です。

関連記事

  • 越谷市 外壁塗装

    外壁塗装 NAD塗料って何ですか?割安な塗料なのでしょうか?

    詳しく見る
  • 外壁塗装 1缶の塗料でどれくらいの面積を塗装できますか?

    詳しく見る
  • Q:塗装工事のお休みは、雨の日だけですか?A:気温5℃以下、湿度85%以上の日も休みます。

    詳しく見る
「お気軽にご相談ください」バナーリンク