外装塗装ブログ

外装塗装ブログ

外装塗装ブログ

お問い合わせはこちら

外壁塗装を行うとき、外部足場は必要ですか?

塗装の品質と作業の安全を確保するために必要です

外部足場の必要性

外部足場(+メッシュシート)の役割は、
 ①塗装仕上りの品質確保
 ②塗装作業者の安全確保
 ➂作業中の道具類の落下防止
 ④構築部、物品などへの塗料飛散防止
 ⑤塗装後の塗膜保護(土埃などの飛来付着防止)
などがあります。

1.塗装仕上りの品質確保

外部足場上からの作業は隅々に手が届き、
細部まで塗装できることは言うまでもありません。
雨樋の裏側や破風板の裏側まで塗装することが出来ます。

外部足場が無い場合は、
地上からか梯子を使い、柄の長いローラーで塗装することになります。
塗装が行き届かない場所が出てしまうことは避けられません。

さらに塗膜の厚さが不均一になったり、
塗り残しや塗料がタレたりといった箇所が多くなります。

エイチぺイントの品質に関するこだわり

サイディングなどに小さな亀裂(クラック)を発見した場合、
必ずシーリング材で補修を行なった後に塗装しています。

サイディングの小さい亀裂(クラック)はシーリング材(白い部分)を充填して補修

窓上の小庇が板金屋根の場合、錆が発生していることが多くあります。
また最近はシャッター式の雨戸も多く、上部の収納ボックスにも錆が発生します。
錆を発見したときは、ペーパー掛けをし錆を除去してから塗装を行っています。

シャッター式雨戸の収納BOXをペーパー掛けし錆を除去

これらの不具合は外部足場があってはじめて、
見過ごすことなく補修を行った後に塗装できます。


蛇足ではありますが全ての塗装工事業者さんが、
小さな亀裂をシーリング材で補修したり、
金属部分の錆を取り去る作業を行っている
とは限らないことを付け加えておきます。

2.作業員の安全確保と道具類の落下防止

ご説明するまでも無いことですが、
外部足場無しの場合は、梯子を使わざるを得ません。

作業中、梯子からの落下、梯子の転倒などを心配することなく、
塗装に集中できる作業環境を作ることは非常に大切なことです。

梯子上に置いた道具類や塗料缶は、
非常に落下しやすく危険です。

3.廻りにある物品への塗料飛散防止

外部足場を設置したときは、通常メッシュシートを張ります。
風が多少強くても、塗料の飛散を一定程度抑えることできます。

物置やエアコン室外機、植物・プランターといった、
外壁近くに置いてある物品への塗料付着を防ぐことができます。

4.土埃などの飛来物から塗膜を保護

塗装が終わったばかりの塗膜は、
硬化乾燥前ですので非常に柔らかい状態です。


ここに土埃などが飛来し塗膜に付着あるいは塗膜を傷つけると、
塗膜は本来の機能を発揮しなくなります。

ピンホールが出来たり、傷つき削れたりした部分は、
塗膜の劣化が早まり数年で塗装が剥がれてきます。

外部足場設置状況(楔式足場と飛散防止メッシュシート)

エイチペイントが定める要件を満たして塗装した場合、
塗膜を長期にわたり品質保証しています。
外部足場設置は、高い品質の施工には必須の条件となります。

さいたま市、春日部市の塗装工事、リフォーム工事は、
一級建築士、一級建築施工管理技士、一級塗装技能士
がいる、高品質と信頼のエイチペイントにお任せください。

エイチペイントへのお問い合わせは
0120-414-112(9:00-18:00 土日も受付)
✉メールの方はこちらからどうぞ

ブログ執筆者:一級建築士 佐藤

関連記事

  • 塗装工事の仕上りはどんなことに注意して検査していますか?

    詳しく見る
  • 外壁や屋根の塗装の役割とは?

    詳しく見る
  • 屋根に作用する風の力=風圧力

    詳しく見る
「お気軽にご相談ください」バナーリンク