知っておきたい外壁用語集

知っておきたい外壁用語集

知っておきたい外壁用語集

お問い合わせはこちら

目粗し

目粗しは、コンクリート面や塗装面の新旧材料の接着性を高める目的で行う、表面に細かい傷をつけ粗い状態することです。目粗しの方法は、コンクリートやモルタルが柔らかいときは箒や竹のブラシなどで表面をこすったり、欠き落としたりします。すでに固まっているコンクリート表面などは、高圧水を噴射するウォータージェット工法、砂粒を噴射するサンドブラスト工法などを用います。また電動サンダーに金属ブラシなどを装着して表面を研磨処理をする研削工法も用いられます。塗膜の目荒らしは一般的にサンドペーパーを用います。ただし、高圧洗浄で旧塗膜や不純物を確実に洗い流し、また鉄部はケレンにより錆落としを十分行い、接着力の強いプライマーを塗布することで塗装する基材と新しい塗料との密着性は十分に確保できますので、目粗しの必要は無くなります。不十分なサンドペーパー掛けの場合、塗装面に古い塗膜が残っていることが多くあり、その場所が接着の弱点となって古い塗膜ごと新しい塗膜も一緒に剥がれてくる場合があります。古い塗膜を確実に除去する方法を選ぶことが重要になります。
一覧へ戻る
「お気軽にご相談ください」バナーリンク