外装塗装ブログ

外装塗装ブログ

外装塗装ブログ

お問い合わせはこちら

バルコニーの防水は、なぜウレタン防水がお薦めなのですか?

外壁塗装工事のご依頼を受けた戸建住宅を調査したところ、
バルコニーの防水も改修が必要な状態にまで劣化が進んでいました。
現況はFRP防水で施工されていましたので、ウレタン防水での改修をお薦めしました。

A:ウレタンは弾性があり伸びの良い材料なので、  
  防水層の破れや、ひび割れが生じにくいからです

FRP防水表面には多くのひび割れがあり、
ガラス繊維が浮いて、剥がれている場所も散見される状態でした。

FRP防水のひび割れやFRPとの伸縮差を吸収してくれる、
柔軟性のあるウレタン防水をお薦めしました。

ウレタン防水は、現在のFRP防水の不具合を解消し、
その上に新たな防水層を容易に作ることが可能な防水工法です。

バルコニーは常に振動しています

・前面道路を通行する車両によって生じる振動
・強風によって生じる建物の揺れ
・住戸内の人の移動によって生じる振動

などにより、バルコニーを含めた建物は微かですが常に動いています。

特に、建物の外に突き出た支えの無いバルコニーの場合は、
その振動は思っている以上に大きなものです。


ゴムのような弾性があり伸びる特性を持ったウレタンは、
防水層の破れ、ひび割れなどの発生を少なくすることが可能です。

ウレタン防水には密着工法と通気緩衝工法があります

バルコニーのウレタン防水は、
密着工法と通気緩衝工法の2種類が一般的です。

密着工法は、
現在の防水層の劣化・傷みが少ない場合、
面積が小さいときに採用する工法です。

一方、通気緩衝工法は、
現在の防水層のひび割れ、破れや傷みが多い場合、
面積が広いときに採用する工法です。

敷設する通気緩衝シートの下にある水分を、
防水層の外に蒸散させる脱気筒の設置が必須となります。

通気緩衝工法時に必ず設置する脱気筒 壁付けタイプもあり

密着工法

高圧洗浄と既存のひび割れ補修(下地調整)を終えた床表面に、
1回あたり1mm前後の厚さになるようウレタン液を平滑に塗布します。
乾燥したら同じようにウレタン液2回目を塗り重ねます。
最後にウレタン防水を保護するトップコートを塗ります。

2回目ウレタン塗布後状況

密着工法の手順

1.既存の防水層表面を高圧水で洗浄

2.小さな穴や傷はシーリング材等で補修する下地調整を実施

3.防水の立上り、入隅、擦り切れ箇所などはメッシュシートで補強

4.旧ドレンに改修ドレンを被せて設置

5.ウレタン1回目塗布

6.ウレタン2回目塗布

7.トップコートを塗布して完了

改修ドレンとは・・・

ドレンとはバルコニーの雨水を雨樋に流しこむ穴です。
バルコニーの端の方にあります。

雨樋の塩ビ管とドレンの接続部は、塩ビ管の割れが最も起こりやすい箇所です。
防水層を改修するときには、必ず改修ドレンを設置しましょう。

改修ドレン設置状況 旧ドレイン廻りの不具合を解消する目的で設置

通気緩衝工法

既存の防水層の下で発生する水蒸気を、外気に蒸散させる通気機能と、
既存防水層と縁を切る機能の2つを合わせ持った通気緩衝シートを、
床面に敷設してからウレタンを塗布する工法です。

通気緩衝シートは改質アスファルト製です。
その上にウレタンを塗り重ねることで、
シームレスで水密性能の高い防水層を形成します。

通気緩衝シートを敷設した後は、密着工法と同じ工程です。
ウレタン液を2回塗り重ね、最後にトップコートを塗布します。

現在の防水層の傷みが著しいときは、
樹脂モルタル等で床面の修復・修繕(下地調整)を行った後に、
通気緩衝シートを敷設します。

通気緩衝シートの敷設と端末テープ処理後の状況

通気緩衝工法の施工手順

1.既存の防水層表面を高圧水で洗浄

2.穴や傷はシーリング材等で補修
  シーリング材では補修できない大きさの場合は、
  樹脂モルタルなどを用いて床全面を左官塗りで修復・修繕

3.立上り、入隅、端末の補修・補強

4.改修ドレン設置

5.通気緩衝シート敷設

6.シートの端末、シートの接合部を、
  補強テープ、メッシュテープなどを用いて補強

7.脱気筒設置

(以降は密着工法と同じ工程です)

8.ウレタン防水材1回目塗布

9.ウレタン防水材2回目塗布

10.トップコートを塗布して完了

樹脂モルタルを使用して床下地を修繕している様子

トップコートとは・・・



紫外線によるウレタンの劣化を防ぎ、
ウレタン塗膜防水層を保護する効果があります。

ウレタン樹脂の他にシリコン樹脂、耐久性の高いフッ素樹脂製もあり、
また屋上の蓄熱を抑える高反射(反射率50%以上)のトップコートもあります。

さいたま市、春日部市の塗装工事、リフォーム工事は、
一級建築士、一級建築施工管理技士、一級塗装技能士
がいる、高品質と信頼のエイチペイントにお任せください。

エイチペイントへのお問い合わせは
0120-414-112(9:00-18:00 土日も受付)
✉メールの方はこちらからどうぞ

関連記事

  • デフォルト画像

    サイディングの不適切な張り方とシーリング目地不良

    詳しく見る
  • 塗料の種類とその特徴 価格と耐久性の関係

    詳しく見る
  • 塗料・塗膜の耐久性を示す期待耐用年数とは?

    詳しく見る
「お気軽にご相談ください」バナーリンク